お得・気になる・便利・用具などスキー&スノボ NEWS♪

スキー・スノボに必要な持ち物リスト 出かける前にチェック

image

スキー・スノボへ行くのに必要な持ち物や道具って、初めてスキー・スノボをする方はもちろんですが、1~2回行ったことがある程度、経験の浅いビギナーも「何が必要だっけ?」って感じかも知れませんね。

スノボ・スキーツアーを利用して行くのも、マイカーやJRなどの公共交通で行くのも、必要な持ち物は大きく変わりません。スキー・スノボに必要な持ち物、持って行った方が良いアイテムについてリストアップしました。お出かけ前のチェックにお役立てください♪

 

レンタルできる物

いずれは購入したいものですが、ビギナーの内はレンタルで十分です。スノボ・スキーツアーで行く場合はレンタル付だったり格安で借りれたりしますのでお得です♪

レンタルの借り方などについてはレンタルスキー・ボード・ウェアの借り方・手順・必要なものも参照ください。

 

スノーボードの場合

レンタルスノーボードはボード・ブーツの2点セットが基本
  • スノーボード

    ビンディング(留め具)とリーシュコード(流れ止め)付です。

  • ブーツ
  • 普段履きの靴サイズで借ります。履いてみて合わなければチェンジ

 

スキーの場合

レンタルスキーはスキー・ブーツ・ストツクの3点セットが基本
  • スキー

    ビンディング(留め具)付です。

  • ブーツ
  • 普段履きの靴サイズで借ります。履いてみて合わなければチェンジ

  • ストック

 

ウェア(スノボ・スキー)

レンタルウエア
  • ウェア上下セット

    レンタルの場合はスノボ用、スキー用の区別がないのが一般的。デザイン・色柄を選べないことも多く、女子は友達に借りたり、購入を検討した方がイイかも。

 

小物はレンタルの取り扱いが無い方が普通

小物のレンタルは無いスキー場の方が多い
  • グローブ(絶対必要)

  • ゴーグル(無くても何とかなります)

  • 帽子(普段使いのニット帽で可)

    ほとんどのスキー場では、この3点のレンタルの用意はありません。比較的安価なので購入をお勧めします。

 

衣類系

ゲレンデ・滑るときに身につける衣類と、着替えなど(必須は赤文字、ある方が良いアイテムは朱文字

インナーウェア
シャツ・タイツなど。ヒートテックがお勧め
ミドルウェア
フリースやトレーナー、スウェットなど。厚着しすぎると汗ダクかも。
ソックス
厚手、または2枚履き。ハイソックスが冷えなくてベター
グローブ
グローブ・手袋は最初から良いものを!も参照を
ゴーグル
無くても何とかなりますが…スノボ・スキーはゴーグル必須?ゴーグルの疑問・悩みを解決も参照を
帽子
深めのニット帽が◎スノボ女子必読♪ニット帽を可愛く着こなすも参照を

ヒッププロテクター
スノボの場合のみ。お尻が冷くなったり痛くならないための物。
フェイスマスク
防寒と日焼け対策。バンダナやネックウォーマーで代用可
ネックウォーマー
主に防寒、吹雪の時は必ず欲しい。マフラーは不適
上着・防寒着
ミドルウェアだけでは寒いなら、重ね着できるよう1着を持参

ゲレンデ・滑る時に着用する衣類と、スキー場との往復に着用する衣類は、下着・靴下を含めて別の着衣にすることが重要ですのでお忘れなく(もしも濡れたら帰るときに困るので)。
 

持ち物・小物

無いと滑れないワケではありません。性別や状況、好みにもよりますが、持ち物のヒントになれば。(必須は赤文字、ある方が良いアイテムは朱文字

リフト券ホルダー
リフト券はスキー場によってカード式・ICチップ式など形状様々、不要な場合もあり。スキー場で購入(数百円)できます。
保険証
何が起こるか分かりませんから。コピー可
身分証明書
レンタルするなら必須(保険証がカード・原本ならそれでOK)
日焼け止め
ゲレンデは紫外線量が2倍!2月末以降は必須
リップ
日焼け止めリップがベター。2月末以降は必須
防水スプレー
持って行くのでなく、ウェア・手袋にかけて乾かしておきます。
スマホケース
防水・防滴、衝撃緩衝ものが良いのは当然。iPhoneスマホをゲレンデへ持って行くならココに注意も参照
絆創膏
初めて、ビギナーだと靴擦れするかも。
タオル
ゲレンデへ持って行く用と、帰る、着替えるとき用を別に
ポケットティッシュ
何かと。曇った・濡れたゴーグルを拭くのにも
ゴーグル曇り止め
シュッとひと吹きすれば曇りにくくなります。
デイパック
ロッカーへ上着などを取りに戻らずに済みます。寒い時はザックを背負うと暖かい(肩ベルトは身体にフィットする程度に短くして)
おやつ
アメなど、甘いものを少し(チョコは溶けるかもなので不適)
携帯灰皿
煙草を吸う人は。リフト上は大抵禁煙です。念のため
お小遣い
リフト券代・レンタル代・食事代・交通費。スノボ・スキーツアーの場合は交通費は当然、リフト券も大抵含まれています。

 
 

寒いの?着衣はどれ位?

初めての人はみんな最初に悩むようですが、滑っている間は想像するほど寒くありません。スキー・スノボのウェアは薄手のダウン並程度の保温力がありますので、普段よかやや薄着で大丈夫です。雪を被ったり、スノボだと雪面に座ったりするので、ボトムは逆に厚着にします。

もちろん天気次第です。一般的な天気予報で「大寒波」などの日に行くなら、今日から大荒れ 大雪・吹雪・強風 持って行くべき物と注意点を参考に、それぞれ1枚づつ多めに、3月中頃以降だと少しづつ薄めなものを選ぶと良いでしょう。