関西発信州スキーツアー

レンタル・リフト券など

レンタルについて

滑る為の必須アイテムは「スキー3点セット、またはボード2点セット」「ウエア上下」「グローブ(手袋)」。スキルが上がって違いが判るようになるまではレンタルで十分w
帽子はニット帽など普段着の流用、ゴーグルは無くても大丈夫♪

レンタルアイテムの内容・種類・サイズ

スノーボードセット(ボード・ブーツの2点)
ブーツサイズ:22.0~28.0cm(ジュニア:なし)

ウエア上下セット(小物は含まず)
身長:150~185cm・ウエスト:55.0~99.0cm(ジュニア:身長90~150cm)

スキーセット(スキー・ブーツ・ストックの3点)
ブーツサイズ:22.0~28.0cm(ジュニア:18.0~22.0cm)

カービングセット(カービングスキー・ブーツ・ストックの3点)
ブーツサイズ:22.0~28.0cm(ジュニア:なし)

小物:帽子・ゴーグル・手袋
フリーサイズ(大人・子供)

  • 有料・無料に係わらず予約不要、現地での貸出時に身分証明書が必要です。
  • ジュニアサイズは大人サイズと料金が異なります。ジュニア料金の記載が無い場合は無料・割引などツアー特典は利用できません。
  • レンタルは品数に限りがあったり、通常と比べてランク差がある場合があります。
  • 上記範囲外のサイズは原則として別途料金が必要です。
  • レンタル代金とは別に破損に対する補償料が1日500円程度必要な場合があります。また、追加料金でグレードアップの案内があることもあります。現地にて内容をご確認の上、ご自身の判断でお支払いください。
  • 小物類をレンタルできるスキー場は極めて限られます。必須のグローブは普段にも使えるものをお買い求めになられることをお勧めします。

リフト券・ツアー特典について

リフト券、入浴券などのツアーに含まれている特典、無料レンタルなどは、ご利用になられなくとも払い戻しは出来ません。

リフト券について

  • リフト券は1泊毎に1日券(2泊の場合は2日券)付きが基本、宿泊当日利用のスキー場と当日・翌日のどちらでも利用できるスキー場があります。各ページでご確認ください。
  • 記載の無い限り早朝営業・ナイター営業では利用できません。
  • ほとんどのスキー場・宿泊プランで「あと1日追加」して滞在期間中付に変更できます。(最初から「滞在期間中付」または「リフト券なし」のプランもあります。)
  • 特殊なリフト券種です。「使用済みリフト券で○○プレゼント」など、スキー場他の催すイベントでは有効で無い場合があります。

ちょっぴりQ&A

レンタル・ツアーに含まれている特典についてちょっぴりQ&A

リフト2日券(または3日券)は、連続する2日(または3日)で必ずご利用いただきます。また、2日券を二人分の1日券にすることも出来ません。
記載のない限りナイターは含まれません。ナイターを含む場合もナイター営業日に限り利用可能となります。
また現地窓口にて現地価格でリフト券を購入された場合のサービスと異なる場合があります。
事前予約は不要です。貸出当日のお申し込み、お支払となります。
どのスキー場も数量は豊富に揃えていますが、ご希望されるアイテム、希望サイズがなかった場合も旅行代金の返金対象になりません。
在庫不足の可能性の高いスキー場については、予約の案内を記載しています。
貸出しの際に身分証明書の指示を求める場合がございますのでご用意ください。
複数人が一緒に借りる時は全員でなくても大丈夫です。
同じで大丈夫です。
ツアーでは無料・割引などの特典はありません。
スキー場のレンタル、または周辺のレンタルショップに大抵は少数の在庫がありますので、ご自身で確認、ご予約されることをお勧めします。(ヘルメットなど安全対策を必ず。)
貸出し・返却は各1回。期間中にチェンジすることは原則できません。
極少数ですが出来るスキー場・宿泊プランもあります。
万が一激しく破損してしまった時に弁償しないで済ませるための保険料のようなものです。
品目やショップによって多少異なりますが、1日500円程度です。
強制ではありません。借りる際に説明を受け、ご自身の判断でお支払いください。
苗場の無料レンタルのみ500円必須です。
借りるのは主に子供か初心者。小物類は破損や紛失が後を絶たないのだそうです。
あと、帽子やグローブは普段使いにも出来ますから購入される方が大多数。
結果的に程度の良いレンタルも少なく、あまりお勧めできません。