お得・気になる・便利・用具などスキー&スノボ NEWS♪

【関西発】日帰りツアー人気ランキング 12月までの予約数

スキー&スノーボードツアーが初めてなら必読♪

2017-18シーズンは、例年になく早い時期からの降雪・積雪があり、年末の時点で信州や岐阜県はもちろん、兵庫県北部や滋賀県北部のスキー場も、ほぼ全て順調にオープンしています。こんなに順調なシーズンは久しぶり♪もう初滑りに出かけた方も多いのではないでしょうか。

いつも通りなら、年があけて成人の日を過ぎた頃からおよそ50日間がツアー予約の最も多い時期になるのですが、予約のピークを迎える前に、今シーズンのツアー予約の傾向、人気が集中しているコースを調べてみましたので、これからツアーの予約を考えている方は参考に~♪

 

関西発日帰りスキーツアーの傾向

最初は、兵庫県や滋賀県北部のスキー場が中心の「朝発日帰りツアー」と、岐阜県・奥美濃エリアや福井県への「夜発日帰りツアー」の傾向ですが、現在時点ではかなり拮抗しています。予約件数の比率では6:4で「夜発日帰りツアー」がやや多い数値となっています。

例年はもう少し夜発日帰りの比率が高いのですが、今シーズンは雪の心配が無いためか、行き先スキー場・コースが少し増えた影響か、朝発日帰りが夜発ツアーに迫る勢いです。

人数となるとその差は少し広がって7:3に近い比率でやはり「夜発日帰りツアー」が多くなっています。これは、良質な雪が豊富に積もるスキー場、エリアがどうしてもやや遠くなってしまう関西からのスキーツアーは「夜発」が永く常識だったからでしょう。

少し逸れますが、宿泊付きツアーを含む関西近郊スキーツアー全体では、朝発と夜発の予約件数の比率では4.5:5.5とさらに朝発に勢いを感じます。

誤解のないよう記しますが、信州を含めたスキーツアー全体だと、やっぱり「夜行」が8割近くに達します。信州は遠いから…

 

ランキング3!関西朝発日帰りツアー

それでは、朝発日帰りツアー人気ベスト3の発表です。

 

1位:おじろスキー場

兵庫県北部にある「おじろスキー場」

兵庫県北部にある「おじろスキー場」


第一位は他を圧倒して兵庫県北部にある「おじろスキー場」です。
やはり距離的に近いため、朝発ツアーの中でも出発時間がやや遅く、帰着も早めとなることが人気の理由かと思われます。また、ゲレンデは山麓からゴンドラで上がった場所にあるため標高はやや高めなので、雪質的にも期待できます。

さらにゴンドラ山麓駅には温浴施設があるというのも魅力ですね♪

関西発着 おじろスキー場ツアー

 

 

2位:スキージャム勝山

福井県勝山市にあり、西日本最大級を自称する「スキージャム勝山」

福井県勝山市にあり、西日本最大級を自称する「スキージャム勝山」


関西からの朝発日帰りツアーの中では最も遠い福井県の「スキージャム勝山」が第2位となっています。
西日本最大級のスケールと豊富な積雪、全17コースを誇るゲレンデは関西人の知名度が高く、安定した人気があります。

ただ、1位のおじろスキー場と比べると、予約数はおよそ半数。一昨年までは揺ぎない1位を誇っていましたから、旅行代金が高めであること、現地でのレンタルがやや高額なこと、あたりがスキージャム離れの原因かもしれません…

関西発着 スキージャム勝山ツアー

 

 

3位:鷲ヶ岳スキー場

「鷲ヶ岳スキー場」の人気が高いのは奥美濃エリアの盟主として培った信頼と実績が礎

「鷲ヶ岳スキー場」の人気が高いのは奥美濃エリアの盟主として培った信頼と実績が礎


TVでのCMなど、関西での露出も高い岐阜県・奥美濃の「鷲ヶ岳スキー場」が第3位にランクイン。
同じエリアにある人気スキー場「ダイナランド」や「高鷲スノーパーク」と比べて旅行代金やレンタル代が高めな傾向であるにも関らす、それらを圧倒する予約数となっているのは、毎年アイスクラッシャーコースをエリア一番乗りでオープンし続けたきた実績・信頼からかと思われます。

ツアーの出発設定日が多いのも予約数が多い一因で、3月に向けて例年この差は徐々に詰まってゆくのですが、さて今年は…

関西発着 鷲ヶ岳スキー場特集ページ

 

 

ランキング3!関西夜発日帰りツアー

続いて、夜発日帰りツアー人気ベスト3の発表です。

 

1位:ダイナランド

北側斜面なので積雪豊富で雪質も良い「ダイナランド」

北側斜面なので積雪豊富で雪質も良い「ダイナランド」


第一位は僅差で岐阜県・奥美濃の「ダイナランド」です。
隣接する高鷲スノーパークツアーへも滑り込め、両スキー場を合わせると間違いなく日本有数の規模となるビッグゲレンデ。ツアーでは「ダイナランドエリア」でのみ有効なリアト券を付けているのですが、その分旅費に割安感があります。

ほとんど同価格なのに高鷲スノーパークへの日帰りツアーはいまいち予約数が伸びないのは何故でしょう…

関西発着 ダイナランドツアー

 

 

2位:鷲ヶ岳スキー場

このエリアでセンターハウスに温泉大浴場があるのは鷲ヶ岳スキー場とホワイトピアだけ。

このエリアでセンターハウスに温泉大浴場があるのは鷲ヶ岳スキー場とホワイトピアだけ。


僅かに届かなかったものの、やはり鷲ヶ岳スキー場の関西でのネームバリューは健在です。朝発・夜発を合わせると、予約数は断然1位です。
旅行代金もレンタルも決して安くないのにこの人気なのは、滑りやすいレイアウトのゲレンデ、センターハウスに露天もある大きな温泉浴場があるなど、地域の盟主として長年蓄積してきた信頼の証なのでしょう。

関西人に絶大な人気を誇る“ワッシー”なら、誰もが満足できます。

関西発着 鷲ヶ岳スキー場特集ページ

 

 

3位:スキージャム勝山

センターハウスほかハード面の機能はとても充実しているスキージャム勝山

センターハウスほかハード面の機能はとても充実しているスキージャム勝山


やはり順当に福井県の「スキージャム勝山」が予約数第3位でした。
関西発・夜発日帰りツアーの人気ベスト3は「積雪豊富」「ビッグネーム」「大スケール」の三拍子が揃うスキー場ということ。関西人は流行もんや有名・人気に弱いですからw

 
 

注目のミステリーツアー

注目なのは朝発・夜発ともに、行き先が未定で当日バスに乗る直前までどこへ行くのか分からない「ミステリーツアー」が3位に迫る予約数だったこと。

元々キャンセルなどで出た空席や、効率よく満席にするための企画なので、レンタルをしないなら最安値となっていますから、行き先に特に拘らない、毎週のように出かけるからたまには違うスキー場でも可、なんてツアーに慣れた方に好まれているようです。実際毎週のようにいくつも予約をされる方が多数おられることが、予約数が伸びた原因のひとつです。

実質を取る、合理的な関西人の気質に合っているのでしょうか。今年のこの予約数は異常です。ちょっとした事件です。
関西発着 ミステリーツアー

 
 
【関西発】日帰りツアー人気ランキングは、2017年10月から12月末までの当社予約数を基に集計しています。